=$150以上のお買い上げで送料無料!Free Shipping on orders over $150=

Ikuji Kobo - オーガニック知多木綿ガーゼ【ボタニカルダイ】 Organic "Chita Momen" gauge washcloth: botanical dye

7.00 USD

生まれたての赤ちゃんの皮膚は大人の約1/2で、0.1mmの薄さ。とても繊細で敏感です。

赤ちゃんのお肌に直接触れるものだから、こだわりを持って選びたいガーゼ類。育児工房の「オーガニック知多木綿ガーゼ」は、やわらかくて、吸収性が一般的なベビー用のガーゼとは全く違います!一重の薄いガーゼなので、赤ちゃんの肌にすっと馴染みます。2重3重に折りたためば、かさばらないのに、程よくしっかりするので、赤ちゃんの背中に入れて、汗取りとしても活躍します。そのこだわりのガーゼを植物から抽出したナチュラル染料であるボタニカルダイで、丁寧に染め上げた、安心・安全で、可愛い、極上のガーゼです。

江戸時代から続く伝統産地で生まれた平織ガーゼを採用

知多半島は、江戸時代から続く、国内では比較的大きな綿織物の有力産地として、現在でも約30社が生産をおこなっています。育児工房が地元工場と直接提携して生産しているシンプルな平織ガーゼを素材に採用。糸の数やテンションを調節することでやわらかい独特の肌触りが実現しました。また、産地の特性を生かして生地の生産後の加工でも今では数少なくなった「和ざらし」を採用。やわらかい肌触りと吸水性の良さとともに、使えば使うほどやわらかくなっていくガーゼの良さを生かしています。

軽くてやわらか、さらさらガーゼ
知多木綿ガーゼは古い織機を使用してゆっくり丁寧に生産されています。育児工房では昔ながらの技術を組み合わせることで軽くてやわらか・さらさらガーゼを実現しました。赤ちゃんのおしりふきやガーゼハンカチから年間約8000点を販売するロングセラー「ガーゼケット」など様々な製品の素材として使用されています。

刺激が少なくて発色のいいボタニカルダイのカラーバリエーション

植物本来のカラーを再現したボタニカルダイで染めた知多木綿ガーゼを素材に使用しました。クマイラストのワンポイント入り。ボタニカルボタニカルダイを使った商品オーガニックコットンベビーボタニカルダイ吊天竺コンビオールオーガニックコットンベビーボタニカル帽子などとセットにして、ベビーシャワーギフトにもおすすめです!

安心安全の日本製 育児工房の製品は、綿花を糸につむぐところから縫製まですべて日本国内で行なっています。日本国内でも数少なくなった本物の技術を持った工場との協力で、かわいらしく機能性の高い製品作りが可能となりました。

 

・素材:オーガニックコットン100% 知多木綿ガーゼ
・サイズ:45cm×45cm
・綿が本来持つ色をそのまま生かしていますので、所々「葉かす」という茶色や黒っぽいものが混じることがありますが、これはオーガニックコットンの特徴です。

・オーガニックコットン製品は、化学薬剤による洗浄や有害な染色を行わないため、生地自体に綿カスや色ムラが生じていることがございます。

・商品によって、形やサイズに誤差がある場合がございますが、生産過程においてどうしても生じてしまう事項ですので、予めご了承の上ご注文下さいませ。

・タグやラベルの材質は、硬いものが含まれている場合がございます。ご使用前に確認のうえ、使用時には切り取るなどの措置をお願いします。
・オーガニックコットン製品は、漂白剤や有害な染料を使用しないため、日光やお洗濯により、色性が変化する場合があります。・蛍光剤入りの洗剤や漂白剤やタンブラー乾燥はお避け下さい。

 

育児工房さんのガーゼは本当に一般的なガーゼとは違います!私は、Mochiくんを妊娠中、オーガニックコットンのガーゼを探して、育児工房さんにたどり着きました。 育児工房さんの反物のガーゼも買ったり、他の商品も色々試しました。このガーゼが届いた時は、薄い〜!ペラっとしていて、若干頼りないというのが最初の印象でした。でも、使ってみたら、とってもとっても良かったんです!
水に濡らすとテロっとして、パパやママの手になじみ、素手で洗っているような感覚で赤ちゃんの肌を拭き取ってあげることができます。私は大きいものを沐浴布としても使いました。沐浴布は身体がお湯から出て寒くなったり、その寒冷刺激で赤ちゃんが驚くのを緩和するためにかけますが、水分を吸って重くなったガーゼだと、赤ちゃんに重みがかかって、かえって負担になってしまいます。育児工房さんのガーゼの薄さは沐浴布にぴったりです。これは、私が働いていたNICU(新生児の集中治療室。未熟児や疾患のある赤ちゃんのICU)で使っているガーゼに似た感覚でした。やわらかいので、口を拭いても痛くなさそうだし、とっても重宝しました。
大きくなって、ゴシゴシ手や汚れを拭きたい時にはちょっと薄いので、今は顔・口周り専用にしています!
ボタニカルダイのガーゼは、当時は見つけられなかったけど、たくさん可愛い色があって、安全なものなので、お友達へのプレゼントにしようかなと思っています。
 

育児工房さんの商品とは日本の展示会で出会いました。サイト等でお見かけした事はありましたが、実際に商品に触れるのは初めて。まず吊天竺の張りがありかつ柔らかいコンビオールなどに惹かれましたが、ナチュラルな配色の柔らかい風合いのガーゼにも目が留まりました。ボタニカルダイという手法でブルーベリーやいちごなどの色を再現しているという、なんとも素敵なこだわり。そして知多木綿という素材の良さ。まさに日本の職人技がなす上質な生地。これまでガーゼはどれも同じというのは大間違えでした。サンプルで頂いたガーゼを試しましたが、濡らすとテロっとした手触りで、肌に吸い付くような感触が印象的です。がんがん洗っても端からほつれが広がる事もなく、乾くと柔らかい風合いが良いです。ガーゼはモエが新生児の時は沐浴時やヨダレ拭きなどに使って、1歳すぎの今ではお食事タイムやハンカチ代わりにと、毎日の生活で欠かせない必需品です。

The skin of newborn baby is about half of an adult and it is 0.1 mm thin. It is very delicate and sensitive.
When you choose anything that touches baby's skin, you do want to make sure that it is a right kind. Organic "Chita Momen" gauze washcloth by Ikuji Kobo is superior in that it is very soft, silky, and absorbent! Because it is a single thin gauze, it does not rub against delicate baby's skin and wraps it around like silk.
When you fold in double or triple, you can insert it into baby's back to absorb sweat and keep it dry. This gauze, made of organic cotton, is dyed carefully using botanical dye and achieve natural color of fruits and plants such as strawberry, blueberry, apricot, safflower and lavender.


Chita Momen, plain weave gauze, born in a traditional production area since the Edo period

Chita Peninsula, south of Aichi Prefecture, has been a leading producer of large cotton fabrics since Edo period (between 1603 and 1868) and about 30 companies are still in production to date. Ikuji Kobo works directly with the local producer and achieved soft unique touch by adjusting the number of
threads and tension. In addition, by utilizing the characteristics of the production area, gauze uses "Wa-zarashi", Japanese style bleached cotton, in which it uses slow and no tension method of bleaching that takes 4 days whereas regular bleaching method is harshly pressing cotton to remove particles and completed in 40 to 80 minutes. Wa-zarashi preserves original fiber without being pressed and achieve airy touch. Together with the soft touch and water-absorbing nature, the more you use it,
the softer the gauze it becomes.

Light, soft and silky gauze
Chita cotton gauze is slowly and carefully produced using old looms.
At Ikuji Kobo, by combining old-fashioned technologies, they created light weight and soft gauze cotton that has been used for various products such as their long seller "Gauzeket", multi-use baby blanket, which sells about 8000 units each year, baby wipe and handkerchiefs.

Natural botanical dye with less irritation and vibrant color

Using extracts from the plants, botanical dye reproduces original color.  

Cute bear accent logo.

We also offer Seamless organic newborn kimono gown-botanical dye and organic botanical dye hat to match.  

It is also recommended for baby shower gifts!

• Contents: Organic cotton 100%, Chita Momen Gauze
• Size: 45cm x 45cm
• Due to the nature of organic cotton, there may be brown and black spots

· Organic cotton products are not treated/washed with chemical agents or harmful dyeing agents, so cotton residue may remain and color unevenness may have occurred in the fabric itself. · Products may vary in shape and size due to the production process. · Tags and labels may have sharp edge. Please check throughout before using and remove them if you deem necessary at the time of use. · Since organic products do not use bleach or harmful dyes, color may fade or change slightly due to sunlight and washing. · Please avoid detergent with fluorescent agent, bleach and tumble dry.

Ikuji Kobo cotton gauze is really different from other ones! During my pregnancy, I have been looking for organic cotton gauze and came to find Ikuji Kobo. I also bought a a roll of their cotton gauze and also tried various other ones. When I saw this gauze washcloth, my first impression was it is paper thin! But after first try, I fell in love with it!   Once you wet with water, it becomes so soft in your hands that you feel like you are wiping off your baby 's skin with bare hands.  I also used the big one as a bathing cloth. In Japan, such bathing cloth is used to cover over baby's body during bath so it would keep baby warm.  If cloth is thick and becomes heavy when wet, it would not be comfortable for baby.  The thinness of Ikuji Kobo gauze makes it perfect for this use. This was similar to the gauze I used when I was working at the NICU (intensive care unit for newborns, ICU of premature babies and diseased babies). So soft that it will not rub against delicate areas such as mouth and for sure was handy. Now that Mochi is bigger, when I want to clean it really well, it can be little too thin so I tend to use it around mouth and eyes.  I have not seen this botanical dye series when I got this gauze washcloth, but since it's all natural, I would love to gift these to my friends. 

 

First time I came across with Ikuji Kobo products was at trade show in Japan. First I was drawn to their kimono gown using hanging knit method called Tsuri Tenjiku only available in Wakayama prefecture and then also caught an eye on this soft hue of botanical dye gauze washcloth. I love the fact that it is using natural plant extracts like strawberry, blueberry and lavender and achieve such colors. And Chita Momen is very special gauze fabric using Japanese craftsmanship. I did not know if there are such differences in this simple piece of fabric until then. Their gauze washcloth feels like it melts in water and sticks to the skin. After several wash, it becomes softer and unfinished edge is holding well.  We have been using gauze washcloth on daily basis since Moe is born for bathing and wiping off and now for meal time and going out. One of the best baby essentials for sure.

Left Continue shopping
Your Order

You have no items in your cart